fc2ブログ

世界で8番目の不思議

オーストラリア オーストラリアのお話です オーストラリア



世界で8番目の不思議




オーストラリアの一部(クイーンズランド州とニューサウスウェールス州)と



ニュージーランドの一部でしか見られない


世界遺産登録地区にある土ボタルを見に行ってきましたラブラブ




さすがオーストラリアビックリマークサーファーズパラダイスから車で1時間ほど



走った山奥なのにそのクネクネ山道の制限速度はまさかの80キロ




エヴァンゲリオンじゃないけど、暴走してるみたいだった ( ̄□ ̄;)!!




けど、それがオーストラリアの掟みたいなもんらしい



なんせ 広い国土ゆえ、いつでもゆっくり走ってたらダメだそうです



マジで酔いそうになったダウン注意事項に車酔い注意って書いてたけどさぁ・・・あせる


車で着いてからも、真っ暗な山道を渡された懐中電灯の明りだけで歩きます





メモ土ボタルとは・・・ 世界で8番目の不思議と言われる神秘的な



青白い光を放つ生物で宮崎駿監督の「天空の城ラピュタ」に出てくる



飛行石のモデルになったとも言われています


その中でも特に有名なのは、世界遺産に登録されている


スプリングブルック国立公園 にあるナチュラルブリッジ




洞窟の中で無数の土ボタルが光を放ってます



日本では『土ボタル』って説明されてるけど、飛ばないし動かないです



『Arachnocampa Luminous』 (アラクノカンパ ルミナス) といい、



英語名は『Glow Worm』 (グローワーム) と言い


それを直訳すると『糸ミミズ』って言います


 

正体はヒカリキノコバエの幼虫 で幼虫期間は半年から1年。



虫を引き寄せるて食べる?ために光ってるそうです


成虫になっても、成虫は口がないので交尾だけして餓死します叫び



湿気があるところじゃないと生きれないので洞窟や滝の近くにいます



日本では多摩動物公園の昆虫館で見れるそうですよビックリマーク



昼のツアーで行くとこういう景色だそうです(昼間でも見れるそうです)



愛する猫ちんと船釣りと観光地めぐり-土ボタル




こうして青く光ってプラネタリウムみたいになってましたラブラブ!




愛する猫ちんと船釣りと観光地めぐり-土ボタル




愛する猫ちんと船釣りと観光地めぐり-土ボタル


糸ミミズと呼ばれてる通り・・・ぶら下がってるのがわかると思います




愛する猫ちんと船釣りと観光地めぐり-土ボタル


アップで見ると こんな幼虫です aya



愛する猫ちんと船釣りと観光地めぐり-アラクノカンパ






愛する猫ちんと船釣りと観光地めぐり-土ボタル


この紐みたいになってる1つ1つが青く光ります


ホタルみたく、点滅もなく、永遠と光輝いていました



ただ、アラクノカンパ(ヒカリキノコバエ)はかなり細く小さいので



観光客の写真撮影は固く禁じられてました(写真は全てお借りしました)



カメラのフラッシュや、懐中電灯の熱で焼け死んだりするそうです



そして・・・大きな声でも死んじゃうそうです!?あせる



このツアーは夜ご飯なしコースでA$69(約6000円)で行ってきました



大体・・・$70-$100が相場だと思います



正直すごく感動したアップとかはなかったかなぁべーっだ!でもきれいだったビックリマーク



オーストラリアとニュージーランドでしか見れないとの事で



見に行ったので良かったとは思ってます (*^ー^)ノ



洞窟中 光り輝いてたのでほんと天然のプラネタリウムみたいだった



注意 公共の機関がないのでレンタカーでいくか、ツアーじゃないといけません




世界七不思議 (古代)へ続く

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

ねね

Author:ねね
オフショアでの鰤・ヒラマサ・鮪・GTキャスティングや近海ジギングをして楽しんでます♪
他に鮎釣りも大好き
猫と一緒に暮らしてます
旅行も大好き!!!

最新記事
カテゴリ











月別 アーカイブ
検索フォーム
お気に入りメーカー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
★ ☆ ★
いつでも里親募集 ↓↓↓             


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








★★★★★★