FC2ブログ

遍照院・碧南市

もう一度、知立市にある遍照院に行きたかったんだけど



ナビの行き先を間違えて碧南市の遍照院に行ってしまいました(笑)



すごく細い道を車で通り、ようやく駐車場らしきものを発見。



車が複数台止ってた場所にぐるっと一周お地蔵さんが。



20180129144336668.jpg




赤い鐘楼門が見える。


秋は紅葉と楼門で、すてきな風景になるそうです




20180129143654133.jpg





片山家ゆかりの寺院、遍照院。



20180129143835844.jpg




20180129143857291.jpg



外国人にもわかるように???英語表記もありました



境内左側に三十三観音



20180129143713106.jpg



20180129143740867.jpg





20180129143805416.jpg


観音堂

20180129143922795.jpg






20180129143947609.jpg




20180129144008643.jpg



本堂をのぞくと・・・・



びっくり!!!(;゚Д゚)


左側に・・・・




20180129144036950.jpg



窮屈そうに大仏さんが鎮座されてました




20180129144101009.jpg



地蔵堂


20180129144150215.jpg




20180129144121460.jpg




そして突然現れる閻魔大王!!!



20180129144218168.jpg




境内右側に三面大黒天が奉られていました

右に弁財天、左に毘沙門天、正面には固定概念を覆す大黒天の顔。
小槌に宝袋をもつ2本の手とは別に4本の手があります
普段は見れないようでガラスごしに見る形になります
年2回、春と秋の大祭のみ一般の参拝客は三面大黒天を間近で見る事が出来るそうです。



20180129144242977.jpg





20180129144309566.jpg



こちらが三面大黒天

20180129201015357.jpg



「心のオアシス遍照院」といくつか書いてて・・・そういうの書かない方がいいのになと思っちゃいました 

遍照院(三面大黒天)
【住所】〒447-0802 碧南市鷲林町2-13
【電話】0566-41-4800
三面六臂の大黒天像

山門正面の本堂には、ご本尊である阿弥陀如来、左内陣には江戸深川霊厳寺から渡来してきた
「丈六の大仏」(立姿一丈六尺)が安置されている。
日本近代西洋医学の先駆者・「洋々医館」創立者の近藤坦平翁の菩提寺で、翁の碑がある。
■本尊・宗派 阿弥陀如来坐像(市文)  浄土宗鎮西派
(HPより)




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねね

Author:ねね
オフショアでの鰤・ヒラマサ・鮪・GTキャスティングや近海ジギングをして楽しんでます♪
他に鮎釣りも大好き
猫と一緒に暮らしてます
旅行も大好き!!!

最新記事
カテゴリ











月別 アーカイブ
検索フォーム
お気に入りメーカー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
★ ☆ ★
いつでも里親募集 ↓↓↓             


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








★★★★★★